もっと知りたい!

Q.荒井さん、どうしてそこまでこだわったんですか?

荒井 よく聞かれます(笑)。高いオイルだねーと驚かれますが、これだけこだわってみると、これでも採算度外視なんですよ。プロの料理人やオリーブを育てている方々に様子を話すと、皆さん大きく頷いて納得してくれます。
そして言われます、「よくそこまでこだわったね・・・」と(笑)。

Q.ボトルも遮光瓶ですよね

荒井 瓶に塗装を施してありますから、光は全く入りません。これは、オイルを使ってくださる方に対し、オイルの質を可能な限り長く守ってあげたい・・・という気持ちの現れです。オイルの質を保つことは、オイルが持つ様々な栄養素も守ってあげることに繋がりますから。
口に直接入るものです。出来る限りのことはしたいなと思います。

遮光瓶でオイルの質を保つ
遮光瓶でオイルの質を保つ
遮光瓶でオイルの質を保つ

Q.香りってどう表現すればいいんですか?

荒井 ご自身の知っている香りで表現してみるのが一番いいと思います。
例えば、草の香りとか、青りんごの香り、トマトの香り、グレープフルーツの香りなどです。葉を手で潰して揉むととても青い香りがします。子供の頃の遊びの中で感じた香りもオリーブオイルの表現にはとても役に立つ香りがあると思います。
でも、まずは何も考えず香ってみてください。ふわ〜っと漂ってくる香りを心地よく感じていただければ、それが一番ですよ。

Q.畑はどこにあるんですか?

荒井 小豆島(香川県)にあります。起こり得る自然災害を考え、畑は複数の場所に分けています。ただ畑を分けるだけではないんですよ。品種によって育てる環境も考えています。

これから植えられる苗たち
苗木を育て、植樹待ちの状態の木たち
家族で育てるオリーブの木
土作りです☆奥さんと息子さん
家族で育てるオリーブの木
家族で育てるオリーブの木☆奥さんと息子さん
家族で育てるオリーブの木
がんばってます!!

Q.いつ搾油するんですか?

荒井 オリーブの実の収穫は年によっても違いますが、私はポリフェノール含有量が高い若い実を摘むので、だいたい10月から11月です。
自社搾油所を保有しているので、収穫後すぐに搾油します。オリーブの実は他の野菜やフルーツと同様に、枝から離れた瞬間から劣化してゆきます。収穫から搾油までの時間を短くすればするほど品質を守れるので、自社搾油所を保有する必要があるんです。

Q.荒井さんにとってオリーブを育ててきた30年は長かったですか、短かったですか?

荒井 うーん・・・あっという間ですね(笑)。
オリーブの木は非常に長生きです。私の孫のまたその孫の代でも元気に育ち、実をつけていると思います。
オリーブの木は生きているんですよ。なので個性があるんです。画一的な育て方をして、個性を無視して一気に収穫する、そんなやり方ではオリーブの木はあっという間に傷んでしまうんです。
大規模な農園の場合、痛んだ木は治療もせずに抜いて捨ててしまうことがあります。そんな光景を見ると寂しくなります。時には厳しく、時には優しく、毎日オリーブの木たちと向き合っていると、木はまるで自分の子供のように感じてくるものです。決してそんなひどいことはできませんよ。

一本一本ていねいに木の剪定をしています
一本一本ていねいに木の剪定をしています
一本一本ていねいに木の剪定をしています

Q.荒井さん、最近は海外に行かれたとうかがいましたが。

荒井 先日、伊勢丹シンガポール店で、四国の特産物の紹介コーナーが設けられました。その際、香川県県産品振興課から出店を依頼されてシンガポールに行ってきました。
お買い物に来られた方も、そして著名な料理人も「これはウマイ!」と一言。直接この言葉を聞けるのはシアワセです。実の子供を誉められた気分です。

伊勢丹シンガポール店
伊勢丹シンガポール店
小豆島特産物の紹介コーナー
小豆島特産物の紹介コーナーにて
小豆島特産物の紹介コーナー
お客様に試飲していただいてます
シンガポール
シンガポールにて

Q.最近では、畑へ足を運ぶ方が多いと聞きますが。

荒井 イタリア人料理研究家ベリッシモ・フランチェスコ氏がお越しになりました。
畑をじっくりと見ていただき、丁寧に育てているのが伝わったようです。嬉しかったですよ。何かの取材だったようですがー。

ベリッシモ・フランチェスコ氏と
ベリッシモ・フランチェスコ氏と
ベリッシモ・フランチェスコ氏と
日本在住のイタリア人料理研究家、ベリッシモ・フランチェスコ氏から取材を受けました
ベリッシモ・フランチェスコ氏と

Q.アライオリーブ設立一周年おめでとうございます。

荒井 ありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、2011年11月5日に一周年記念の収穫祭を開催しました。当日はあいにくの雨でオリーブ収穫体験はできませんでしたが、新油テイスティング、オリーブの種飛ばし大会、懇親会と盛り上がりました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

一周年記念収穫祭
オリーブの種飛ばし大会
一周年記念収穫祭
新油テイスティング
一周年記念収穫祭
搾油したてのノヴェッロ(ノンフィルター)のオイルは、深い緑色。
一周年記念収穫祭
オイルをふんだんに使った創作料理が並ぶ。(創作料亭 野の花にて)
ノヴェッロジャパン2017 エキストラバージンオリーブオイルアライ農園(香川県)の若摘みオリーブ果実を100%使用。本当のオリーブ果実の味と香りを楽しんで頂くための、10月限定初摘み・初絞り 収穫期間限定オイル。完全予約制。生産者だけが味わってきた出来立てオイルをお届けします。
オリーブ栽培の研修生を募集しています。経験が無くても、あなたの真剣に志す情熱があれば技術は後からついてくる!私と共にオリーブ栽培を学びませんか。
アライグループ 小豆島・三豊地区農場 35haを超える日本最大のオリーブ農場
ネットでのご注文、お問い合わせは、24時間受け付けています。お電話、FAXでのご注文、お問合せは、下記の時間帯にお願いします。平日 9時〜18時 0879-82-0733 ※土日祝祭日はお休みです。メールでのお問合せは、下記アドレスへご連絡ください。arai@araiolive.co.jp 株式会社アライオリーブ
〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町安田甲664-1
商品の購入ページへ
お問い合わせページへ
会社案内パンフレット PDFファイルをダウンロード